×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




独白〜エルルゥ〜










 「おはよう、おばあちゃん」



 私は毎朝の日課通り、里の片隅に建てられた墓石の前で手を合わせる。



 「今日もみんな元気だよ。アルルゥも少しずつ大きくなってる」



 あれから―――どれ位の月日がたったのだろう。

 つい最近のことだった様な気もするし、とても昔のことだったような気も。



 「でも、やっぱりまだまだ子供よ。昨日もね、カカエラユラの森で蜂の巣を採ってきて―――」



 ここには皆の遺骸は納められていない。ヤマユラの民は、その魂は森に還る。だから本当は皆、森の中で新たなる命を育む力となっている。

 それでもここにお墓があるのは、私の為。

 今でも生きている私が、笑顔でいるためのお墓。

 ちょっとだけ弱気になったときに、笑顔を貰うためのお墓。

 周りは一面、色とりどりの草花に埋め尽くされていた。最初は何もない場所だった。私が最初にヤマユラに帰って来てしたことは、このお墓の掃除。

 確かにここには皆の体は無い。

 それでも、もしかしたら魂が私達の様子を見に来てくれるかもしれない。

 そんなときに、みんなの家が汚かったら嫌だから。

 最初にアルルゥと話したときは、アルルゥは私の言いたいことをよく理解できなかったみたい。

 だけど、ある日お墓の前に二輪の花が咲いていた。

 とても綺麗なお花。それを見て、絶対に皆の前じゃ泣かないって決めてたのに、泣いてしまった。

 大地に強く根を張るような強い草花ではない。

 とても可憐で繊細な、小さな花。

 淡いピンクの花びらをもつものと、薄く紫がかった小花。おばあちゃんから聞かされて育った、私とアルルゥの名をもつ花。

 『いつまでも、仲良くな』

 姉妹の花は互いに支えあうようにして生きている。そして今や、二人だけではない。墓石の前で揺れる二輪の花は、そう告げていた。

 ヤマユラの皆が、いつも一緒に居てくれる。

 私達と皆は、きっと何時だって一緒にいるんだ。そう思うと自然と涙が込み上げてきた。

 着物の袖で涙を拭いお墓に近づくと、その裏に見える白い毛並み。

 アルルゥとムックル。ガチャタラも一緒に、陽光を浴びて眠っていた。

 その小さな手は土で汚れている。

 ―――アルルゥが、植えたんだ。










 今ではあたり一面に咲き誇る花畑。

 アルルゥや、今でもたまに訪れるカミュちゃんが植え、種を蒔いたものが殆どだ。

 それでも、その中心に立つ墓石の前で、姉妹草は今も仲良く風に揺られている。

 私ヤマユラの民は、今も此処で生きています。



 「―――それじゃあみんな。……また、来るね」



 私は立ち上がって家へと歩き出した。

 その途中で、色々な人に声を掛けられる。

 この間森に入って大怪我をした子供。もう元気になって道を駆け回っている。

 腰痛で斧を触れなくなったおじさん。まだ腰は痛そうだけど、奥さんと一緒に並んで嬉しそうに歩いていた。

 風邪をひいて寝込んでいたおばあさん。お薬が効いたのか、もう表を散歩できるみたい。何度も何度もお礼を言われた。

 今、私はヤマユラの里に帰っています。

 みんなが一生懸命に生きているこの里を、護っていくための立場にたっています。

 この里を、より良いものにしていく為に。みんなの笑顔が見られるように。











 でも、此処には誰よりも大切な人がいません。

 私だけじゃない。アルルゥにも、王城の皆にも。旅に出たオボロさん達にも、今も戦場を渡り歩くカルラさんやトウカさんにも。國に帰ったウルトリィさんやカミュちゃんにとっても大事な人。

 みんなの中心だったあなたが居ません。





 ねえ、ハクオロさん。

 今、あなたは眠っていますか。

 それとも、また人々のために働いていますか。

 私は今、元気です。

 それでも、時々とても寂しく思います。

 私はただ、ハクオロさんを待っていることしか出来ません。

 いつか必ず、貴方に会えることを信じています。そして、会って必ず伝えます。

 ―――私は、ハクオロさんが、大好きです。

 だから、貴方が好きだった『子守唄』を唄います。






 今はただ、想いが届くように。