×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




木漏れ日の下で














 軽快な足取り。

 それはあたかも舞曲に乗せて舞う踊り子のように軽やかで、見ている傍から飛んでいってしまうのではないか、とありもしない妄想に駆られてしまう。

 まだ日は昇りきっていない。

 きっかけは朝食を取った後の、何気ない一言だった。



 「エルルゥは今日、何をするんだ?」



 そう尋ねたのに必然性は無かった。

 単に部屋に残っていたのがエルルゥだったこと、久方ぶりに与えられた自由な一日に気分が高揚していたこと、―――しいて言うならば、天気がよかったこと。

 そんな何でもないような要因が重なり合った上で、私の気まぐれのまま尋ねた。



 「えーと、今日は少し森の方へ行こうと思います。此処のところ、必要な薬草が幾つか足りなくなってきましたし」



 告げるエルルゥも楽しげだ。

 彼女は元々自然に囲まれて育った女の子だ。

 薬師ということもあり、森に入ることは散歩以上の楽しみなのだろう。

 その証拠に、エルルゥは無意識のうちに尻尾を左右に揺らしている。

 表情も楽しげで、見ているほうも幸せになるほどの明るさを浮かべた。

 だからだろう。

 私は何気なく、言葉をつむいだ。



 「私も一緒に行っても良いか?」



 その瞬間、エルルゥは一瞬体を硬くし、次の瞬間奇声をあげた。



 「え……ええっ!?」



 瞬間的に、頬が朱に染まる。フサフサとした柔毛の耳は、ピンと天を向いて立っている。

 ……私は何か変なことを言っただろうか?

 自問してみるがそんなことは無い。

 私はただ、最近過ごせなかった家族との時間を得ようとしただけなのだが。

 何だかんだと言いつつ、アルルゥとはよく共に時間を過ごす。―――というよりも、そうしなければアルルゥが拗ねてしまうのだ。

 だが、エルルゥと一緒に過ごした時間は、想像以上に少ない。

 だからこそ、今日はエルルゥの手伝いをしようと思ったのだが―――。



 「―――すまない。迷惑だったなら別に……」



 「め、迷惑なんかじゃありません!」



 言い終わる前にエルルゥがその言葉をさえぎった。



 「本当に―――いいんですか?」



 不安そうに私を見上げる。

 ……ああ、そうか。

 エルルゥは普段忙しい私のことを案じているのか。



 「ハクオロさんと一緒だったらとっても嬉しいですけど、でも、ゆっくりしていたほうが―――」



 私の身を案じてくれることに、嬉しさを感じる。



 「いや―――私は、エルルゥと一緒に居たいのだが……駄目だろうか?」



 「いえ!―――とても、嬉しいです」



 そうした経緯があって。

 私は、エルルゥと共に森の中を歩いていた。

 今日の予定が決まった途端、エルルゥは厨房に篭って再び料理を作り始めた。

 それが、今抱えているバスケットの中身だ。

 ちょっとしたピクニック、といったところだろう。

 ……とはいえ、この重さは尋常でないと思うのだが。

 少なくとも、決して二人で食べるような重さではない。

 だからといってエルルゥがそれほど大食漢(?)かといえばそのようなはずが無い。

 ―――つまり、この中身の大半が、私の胃袋に納まる予定なのだ。

 そう思うとやや気が引けるが、楽しそうに鼻歌を歌い前を歩くエルルゥの姿を見ると、それさえもどうでもいいものに思える。



 「ハクオロさん、着きましたよ!」



 嬉しそうにはしゃぐその姿は、年相応の女の子らしさを垣間見せる。

 数歩遅れて追い付いた私が見たのは、とても美しい草原。

 そこだけが示し合わせたようにぽっかりと木が存在しない。

 楕円形に広がる草原の中心に、例外として老木が枝を伸ばしていたが、



 「―――綺麗だ」



 風に揺られる草花。

 息づく緑に囲まれた老木は、そこだけが休息所のように木陰を形成していた。



 「ここは、私の秘密の場所なんです」



 エルルゥはゆっくりと、私に添うような形で歩き始めた。

 目的地は明らかだ。



 「たまに薬草を採りに森に入るんですけど―――ここは、つい最近見つけた場所で、アルルゥも知らないんですよ」



 エルルゥは大木の根元に腰を下ろす。私も一緒に、隣り合って腰を落ち着けた。

 ふと見上げると、微かに漏れる木漏れ日が肌に心地よい。

 頬を撫ぜるように吹く風。土の温もりが感じられる草の匂い。

 そのどれもが、ヤマユラの里を懐かしく思い出させた。

 私は大きく息を吸い込み、伸びをした。

 体中に行き渡る新鮮な空気。

 体の中を廻る空気が、私の体を浄化しているかのよう。

 閑静な森のなか、そこだけが外界と隔離されているかのように、平和だ。



 「ハクオロさん―――」



 「どうし―――」



 突然訪れた浮遊感に気をとられ、返答が途中で途切れる。

 気がつけば私は蒼く澄んだ空を見ていた。

 その空を背景に、私の視界一杯に広がるエルルゥの顔。

 その表情は慈しみを受けべる。

 頭に感じる柔らかくて心地よい感触。

 ごめんなさい、と笑いながら言う。



 「ハクオロさん、何時もお仕事で忙しそうで疲れてるから―――今日はゆっくりしてください」



 エルルゥの膝枕に、私はくすぐったい様な照れと、それ以上の安楽に、ゆっくりと瞳を閉じる。



 「―――ああ、すまない」



 私は、駄目な大人なのかもしれない。

 彼女の為に今日は時間を過ごそうとしたのに、逆に彼女に気を使われてしまう。

 そればかりか、段々と気が、遠く―――





 遠くから聞こえてくる『子守唄』。

 それはとても優しい声で、どこか懐かしい響き―――。


















 風が、凪ぐ。

 穏やかな風に揺られる草花が奏でる、カサカサとした音が心地よい。

 雲の流れは緩やかで、時の流れさえ普遍に思える。

 互いに無言のまま、私たちは空を見上げていた。

 たまに交わす言葉も他愛無いもの。

 仲間の事。アルルゥの事。ちょっとした失敗談。

 何てことは無い、無意味な話。

 だが、その会話で私たちは互いに笑いあう。



 「―――エルルゥ」



 「何ですか?」



 「海を知っているか?」



 きょとんとした顔をするエルルゥ。



 「海、ですか? ―――確か、水がたくさんある所、ですよね」



 山里で生まれ、育ったエルルゥ。

 彼女はその存在を知っていても、実際にその目で見たことは無いのだろう。



 「ああ。とても広い。あの空と同じくらいに」



 想像していた以上の規模に驚いたのか、驚いた表情で口元に手を当てる。



 「そ、そんなに大きいんですか?」



 「そう、そして空と同じくらい蒼く澄んでいて、とても綺麗なんだ」



 実際に訪れた記憶は無い。

 それでも私は海、というものを知っている。

 それほどまでに私の記憶に残っていること。

 だから、おそらくそれはとても美しいものなのだろう。

 エルルゥはどこか遠い目をして空を見上げた。

 つられて、私も空を見上げる。

 どこまでも高く、蒼い空。

 それはいつか見た空と同じ色。

 何故か、私の眦に涙が浮かんだ。

 どうして涙腺が緩んだのかはわからない。

 それでも、私の胸から込み上げてくる感情は抑えきれない。

 私の忘れられた記憶。

 その中でもおそらくとても昔、―――あるいは、それよりももっと昔の思い出。

 単なる既視感とは異なる、その想い。

 それはこの空のように果てない未来への期待と、突如として訪れた悲壮な結末への嘆き。

 私はそれを知らないはずなのに、自然と様々な思いが浮かぶ。



 「―――ハクオロさん?」



 掛けられた声にはっとする。

 私の顔を覗き込むエルルゥは、心配そうだ。



 「いや―――何でもないよ」



 私はエルルゥを見つめる。

 ―――今の私には、彼女がいる。

 彼女だけではない。

 家族が、大切な仲間がいる。

 たとえ、どんな過去を盛っていようとも、今の私は幸せなのだ。



 「いつか、みんなで海へ行こう」



 「―――はい」



 そう。

 その時は必ず皆一緒に。

 私たちはその場を後にする。



 ―――振り返ることは無く。二人寄り添うように。